Run

第32回NAHAマラソンをファイブフィンガーズで走ってきた!

12月4日(日)に開催された「第32回NAHAマラソン」を走ってきました。

今回は明らかに練習不足だったので、かなり不安な気持ちのまま当日を迎えました。

今回のスタートはHブロック

昨年はGブロックでしたが、今回は一つ後ろのHブロック。ブロック整列時間をきちんと把握していなくて、時間ギリギリでHブロックへ。おかげでストレッチもできずに整列。

Hブロックの最後尾からスタートしましたが、スタート地点までのタイムロスは約12分でした。

最高気温28℃、暑いです。

スタート前に整列した時点から、いつもとは違う蒸し暑さを感じたこの日。後から知ったのですが、28度越えの気温だったそうです。マラソンをやるような状況じゃないです!

那覇市で28.2度の「夏日」12月では102年ぶり最高気温

給水地点で水分補給をするランナーがこれまで以上に多かった気がします。個人で給水をしてくれる人もたくさんいますが、そこにもランナーが集まっていました。こういった私設エイドがなければ、今大会はかなり危なかったと思えるような暑さでした。僕もいつも以上に水分補給に気をつけていました。

28kmでリタイアを決意

制限時間に間に合わないのを確信したのは、約28km地点で最後尾車両に追い抜かれ、交通規制が解除されてから。中間地点までは予定のペースを維持して走れていたのですが、23kmあたりから吐き気がして思うように走ることができなくなっていました。

遅れを取り戻すほどペースを上げれないのは自覚していたのでリタイアを決意。制限関門地点でもない、こんな中途半端なところでリタイアするのは初めてなので、どこでバスに乗ったらいいのかも分かりません。とりあえず歩き続けることにしました。

リタイア決意後に嬉しいご褒美

リタイアを決意してから意気消沈しながら歩いていると、29km過ぎにチキンラーメンの無料試食会をやっていました!大会の時はこういったものはほとんど食べないのですが、今回はリタイアを決めていたこともあってゆっくり休んで食べました。

その時に東北から参加したというランナーさんと話をさせてもらいました。東京マラソンに何度も出場したことのあるベテランランナーでしたが、やっぱり暑さにやられてリタイアしたそうです。県民でも暑いのに、県外のしかも東北から来た人にこの暑さは辛いですよね。

リタイアバスを待つ。とにかく待った!

30km地点でリタイアバスに乗れるようだったのでそこで待つことにしました。バスを待ったのは14時ごろ。

しかし、待っても待ってもバスは来ません。制限関門地点にはバスが待機しているのですぐに乗ることができますが、それ以外のポイントはどうしても後回しになるので時間がかかります。

約2時間待ってようやくバスに乗れました。そのまま、ゴールまで進み続けてたら着いちゃう時間です。エイドもないので実際やるとしても難しいでしょうけど。今回はリタイア者がかなり多く、リタイア者の回収にバスが追いつかなかったという話も聞きました。

ファイブフィンガーズで走った感想

ファイブフィンガーズで20km以上の距離を走ったことはなかったので不安はありましたが、本番では問題なく走れました。通常のシューズでは腸脛靭帯が痛くなっていましたが、今回はその痛みは全くなし。代わりに拇指球あたりが少し痛みましたが、これはファイブフィンガーズに慣れることで解消できそうです。

区間ごとのペース

0-5km 51:32(スタートロス12:15)
5-10km 41:17
10-15km 39:48
15-20km 38:35
20-25km 48:35

あとがき

走る前から「完走はできないだろう」と考えてはいたものの、久しぶりに経験したリタイアはやっぱりショックです。マラソンはやっぱりメンタルスポーツ、「絶対に完走してやる」という気持ちがないとダメですね。