雑記

2020年の手帳について考えた結果、3つの手帳を選んでみた!

11月に入り今年もあと2か月で終わりです。書店などの手帳コーナーには来年の手帳がたくさん並んでいます。たくさん並べられた手帳を見ているとなんだかソワソワしてしまうのはわたしだけでしょうか。来年の手帳はどうしようか悩んでいるところなので思考を整理するためにも、ブログに書いてみます。

2019年の手帳は「逆算手帳」

今年わたしが使っている手帳は、コボリジュンコさんがプロデュースしている逆算手帳なのですが、ほとんど活用できず持っているだけの状態になっています。

逆算手帳はふつうの手帳とは違い、細かいスケジュールを書き込んでいくというものではなく自分の将来のビジョンから逆算して計画を立てる手帳というコンセプトになっています。この手帳のおかげで自分自身のビジョンを明確化にし、行動の一歩のきっかけになったことは何度もありました。

逆算手帳は長期的なビジョンに向かっての方向性を定めるには最適とは思いますが、日々のスケジューリングという点に関しては物足りなさを感じます。公式サイトでも書かれているのですが、逆算手帳はスケジュール管理を目的とした手帳ではないのです。

「逆算手帳」の欠点を補うために、iPadを活用する

逆算手帳はスケジュール管理ができないので、メモを含めた日々のスケジュールはiPadを活用してやっていました。専用アプリとApple Pencilのおかげで日々のスケジューリングは問題なくできていました。しかし年の中盤あたりから、わたしの手帳に求めるニーズが少し変わってきました。

1日ごとの予定やメモを書くには、iPadを活用したデジタルノートでもいいのですが、週や月の予定、さらに長期的な計画を立てようとしたときにどうしても支障が出てしまいます。

デジタルノートでもできないことはないのですが、紙の手帳に比べると目的のページまでのアクセスのしやすさは劣ってしまいます。

2020年の手帳に求める機能

そこで、2020年はあらためて紙の手帳を使ってみたいのですが、次の点を意識して手帳選びをしてみます。

1.1日1ページタイプではなくウィークリータイプ

1日1ページタイプの代表的な手帳といえば「ほぼ日手帳」があり、他にも「EDiT手帳」などがあります。1ページタイプだとデジタルノートと使用方法がほとんど変わらないため却下。1週間の流れを俯瞰して見たいためウィークリータイプにしようと思っています。

2.ウィークリータイプでもメモ欄を重視

ウィークリータイプの手帳だと、見開き左ページに1週間の予定を書き、右ページにメモを書く「レフト式」と時間単位でスケジュールを管理できる「バーチカル式」が主要なものだと思います。個人的には「バーチカル式」が好みですが細かい時間軸は必要としていませんので、その分メモ欄が大きければなと思っています。

まとめ(2020年の手帳候補)

「欲しい手帳」を考えた結果、現段階では下記の3つのいずれかにしようかなと思っています。

  1. マークス EDiT手帳「Semi A5 Weekly + Notes」
  2. エイ出版社 ESダイアリー2020 ウィークリーノート式
  3. フランクリン・プランナー「7つの習慣」ビジネス・ウィークリー

3番目のフランクリンプランナーに関してはメモ欄が大きいわけではないのですが、スケジューリングだけでなく自分自身の行動をふり返ることができる点では少し気になっている手帳です。

ほとんどの手帳はひと月前の12月から使用できるので、どの手帳にするのかは今月いっぱい悩んでから決めたいなと思います。