読書

オーディオブックを始めてみたら読書ライフが劇的に変わりました!

わたしは本を読むのが大好きでほぼ毎日何かしらの本を読んでいます。そんな中、以前から興味があったオーディオブックを利用してみました。オーディオブックを利用してからは読書時間をさらに増やすことができました。

オーディオブックは普段から読書を楽しんでいる方、全く読書習慣がない方にもおすすめできるサービスですので、わたしの利用状況について紹介します。

オーディオブックって何?

オーディオブックとは本の内容を音声で聞くことができる「聞く読書」です。

本を手に持って読む必要がないので、何か作業をしながら、車の運転をしながらでも読書を楽しむことができるのが大きなメリットです。

オーディオブックを利用することができるサービスは色々ありますが、わたしが利用しているのは「audiobook.jp」です。アカウントを作成すればすぐに利用することが可能です!

オーディオブックのここが良い!

通常の読書に1時間かけていた場合、オーディオブックを活用すると「ながら読書」ができるので時間を有効活用することができます。

例えば通勤時間に利用すると想定した場合、往復1時間の通勤時間であれば1週間で4時間の読書時間を作り出すことができるので、大きく生活スタイルを変えることなく読書を楽しむことができます。

またオーディオブックは、目で読まずに耳を使って読書をするため、暗い場所でも読書を楽しむことができます。そのため、わたしは就寝時に布団に入りながら利用もしています。

オーディオブックは倍速で聞くのがいい

オーディオブックは再生速度を変えて聞くことができます。利用してみるとわかるのですが通常速度だとちょっと遅い感じがするんですよね。だから、わたしは利用し始めから倍速で聞いています。

倍速で聞くメリットはなんといっても通常よりも短い時間で聞くことができる点ですね。

わたしは1.5倍速で聞くことが多いのですが、4時間のオーディオブックであれば約2時間半で聞き終えることができます。

オーディオブックを倍速で聞くデメリット

倍速で聞くデメリットをあげるとすると、等倍速と比べるとやはり音声が少し聞きづらくなることでしょうか。「ながら読書」ができるとはいえ、少し集中していないと聞き取ることができずに聞き逃してしまいます。

万が一聞き逃してしまっても時間を戻して聞き直すことができるので、あまり問題はありません。

まとめ

これまで存在は知っていたけど利用していなかったオーディオブック。利用してみると時間を有効活用し読書を楽しむことができ、とても満足しています。

通常の「目で読む読書」とオーディオブックを活用した「聞く読書」、同じ読書のようで全く別のものだとも感じます。気になる方はぜひお試しください!