読書

【読書感想】伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』個性豊かな4人の銀行強盗の話

久しぶりに伊坂幸太郎さんの作品を読みました。独特のセリフ回しがハマってしまいます。

ということで、『陽気なギャングが地球を回す』を読んだ感想を書いてみようと思います。

この小説にはメインとなる4人の登場人物がいるのですが、登場人物のテンポの良い会話がいいですね。

  • 人が嘘をついているかどうかを見抜く、人間嘘発見器の才能を持った男。
  • でたらめな言葉を並べて人を引きつける演説の名人
  • 人間より動物が大好きなスリの天才青年。
  • 精確な体内時計を持つ女性。

人とは違う特殊能力を持った4人が、決して人を傷つけることもなく軽快に銀行強盗をするという話。鮮やかな手口で銀行強盗を成功させたかと思いきや、逃走中に同じように逃走中の現金輸送車襲撃犯に遭遇し、「売上」を全て横取りされてしまいます。

伊坂幸太郎さんの作品なので、様々な部分に張られた伏線がきれいに最後にまとまります。この気持ちいい感じが伊坂幸太郎さんの作品の楽しさですね。

「これはどこかと繋がるのかな?」と考えたり、「あの場面とここが繋がるのかー」と気付かされることばかりです。

読む人によって好きな登場人物は変わると思いますが、僕は嘘を見抜く名人「成瀬」が好きですね。4人のリーダーということもあって、他人の一歩先を見通しているのがすごいなと感じます。

気楽に読むことができる、楽しい犯罪小説。おすすめです。

陽気なギャングシリーズ

あわせて読みたい
【読書感想】伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』4人の日常が垣間見える作品です 伊坂幸太郎さんの陽気なギャングシリーズ2作目です。 前作の記事については、こちらに書いています。【読書感想】伊坂幸太郎『陽...