沖縄

小学生は無料!沖縄初開催「ジブリの大博覧会」へ行ってきました!

沖縄県立博物館・美術館で開催中の「ジブリの大博覧会」へ行ってきました。

この展示会は、「風の谷のナウシカ」(1984年)から「思い出のマーニー」(2014年)までの30年間、これまでのジブリ作品がどのように生み出されたのか、制作資料や企画書などの未公開のものを含む膨大な数の資料を展示したものとなっています。

沖縄では初開催となる「ジブリの大博覧会」へ開催初日に行ってきたので、その様子を紹介したいと思います。本展示会は撮影禁止だったため、写真がほとんどありませんがご了承ください。

展覧会情報

会期 2019年7月13日(土)〜2019年9月8日(日)
開催場所 沖縄県立博物館・美術館
住所:沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
TEL:098-941-8200
※月曜日休館
チケット料金 ・大人:1,400円
・高校・大学生:800円
・中学生:500円
・小学生:無料
主催 琉球放送、沖縄タイムス社
共催 沖縄美ら島財団

なんと言っても驚いたのが、小学生料金が無料だということ。この料金設定だとファミリーでも足を運びやすいですね。

「ジブリの大博覧会」を紹介

沖縄県立博物館・美術館のエントランスに入ると、天空の城ラピュタに出てくる巨大な空飛ぶ船が展示されています。たくさんのプロペラや船も上下に動いています。精巧につくられているのでこの船の展示だけでも見入ってしまいます。

展示会場入り口には、トトロとシーサーがコラボした「沖縄のトトロ」が展示されています。沖縄会場でしか見ることができないので要チェックです!

巨大なトトロがお出迎え

展示会場に入ってすぐにあるのが「ジブリのバー」。大きなトトロがバーカウンターでお出迎えしています。入ってすぐなのでいきなりテンションが上がります。

トトロの周辺にも多くのジブリキャラクターが展示されているので探してみるのも面白いと思います。

トトロのうしろにある階段はのぼることはできませんが、階段の奥をしっかり覗きこんでください。あのキャラクターが発見できますよ!

となりのトトロのネコバスに乗れます!

となりのトトロでおなじみのネコバスも展示されていて乗ることができます。実際に座ってみると思ってた以上にふかふかしていて、大人でもテンションが上ってしまいます。

この展示エリアだけは撮影オッケーとなっているので、どんどん写真を撮っちゃいましょう!

ネコバスの行き先表示を見ると「おきなわ」となっていますが、よく見ると”わ”の字が逆さまになってます。

風の谷のナウシカ「王蟲の世界」

今回の沖縄で開催されている「ジブリの大博覧会」の目玉とも言えるのが、風の谷のナウシカ「王蟲の世界」。

「ジブリの大博覧会」は全国を巡回して開催しているらしいのですが、この「王蟲の世界」が展示されるのは全国でも沖縄が2会場目。(前回の福岡会場から初展示らしいです)

約8メートルのとても大きな王蟲が部屋の真ん中に展示されていて、時間とともに王蟲の目の色が変わるようになっています。

風の谷のナウシカを観たことがない息子はこの「王蟲の世界」の薄気味悪さに嫌がっていましたが、王蟲が感情によって目の色が変わることを教えてあげると、次第に目の色が変わる演出に楽しんでいました。

この部屋の展示で、王蟲の他にも気になって見入ってしまったのが卵を守るウシアブ。気持ち悪いほどのリアルさですが、ウシアブの上のほうを見ると卵から孵化しているウシアブの子どもも発見できます。細かな部分もつくられているので色々な発見ができると思います。

ジブリの大博覧会のおすすめの観覧方法

混み合うことが予想されるので、朝一番の開場に合わせて行くのがベスト。そして、早い段階で入場することができたら序盤の展示はスルーして、ネコバスエリアを目指しましょう。

ネコバスは子どもにも大人気で写真撮影がオッケーなスポットでもあるため、乗車したり撮影をするためには若干の待ちが必要になるからです。(スタッフの説明では特に列はつくっていないので自由に見学をするスタイルです)

大博覧会は出口を出てしまうと再入場は不可ですが、一度入ってしまえば順路を逆に戻ることは可能なので、混み合うことが予想されるネコバスを先に見ちゃってしまうのはおすすめかなと思います。

沖縄県立博物館・美術館の学芸員をされている方によると、「11時〜13時」や「16時〜」の時間帯がおすすめらしいです。また、避けるべきは「閉幕前」とのことです。

感想

スタジオジブリの貴重な資料が多く展示され、とても楽しめた「ジブリの大博覧会」でした。子どもから大人まで楽しめるになっていますが、制作資料などの展示は小さい子どもにはつまらないかもしれません。実際、うちの子は「早く次に行こう〜」ばかり言っていました。

しかし、ジブリ作品をあまり観たことのないうちの子(「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」しか知らない)でも充分に楽しめたので、大のジブリファンじゃなくても楽しめる展示会です。

沖縄の「ジブリの大博覧会」は、9月8日(日)までの約2か月開催されます。「沖縄のトトロ」などここでしか見ることができない展示や、沖縄でしか購入できないグッズもありますので、沖縄県民のみならず県外の方も旅行ついでに見に行くのもいいかもしれません。