旅行

子どもと一緒に楽しめる屋内施設「キッズプラザ大阪」へ行ってきた。

大阪の繁華街である梅田近くの扇町にあるキッズプラザ大阪へ行ってきました。宿泊ホテルの近くだったので気軽に遊びに行ってみましたが、想像以上に素晴らしく子どもだけでなく大人もワクワクする施設でした。

あまり写真を撮っていなかったことをあとから後悔しましたが、写真が少ない中で紹介したいと思います!

「キッズプラザ大阪」へ行ってきた。

キッズプラザ大阪は関西テレビがあるカンテレ扇町スクエア内にあります。このカンテレ扇町スクエアはガラス張りの目立つ建物なので、近くまで行くとすぐに分かると思います。

開館時間の9:30ちょうどに合わせて到着するとフロア内には長蛇の列。もっと早く着かなきゃいけなかったかなーと思ってましたが、この列は比較的スムーズに進んだのでそんなに心配することありませんでした。

キッズプラザ大阪フロア紹介

1F:どんなもん階

チケットを購入し受付ゲートを通ると、目の前の壁一面に広がるのは「ボールサーカス」。螺旋やループなどのコースのレールをボールが勢いよく転がります。ジャンプしたりぐるぐるまわるボールを追いかけて見ていると、楽しくて何分でも見ていられそうです。

5F:やってみる階

ボールサーカスを満喫したあとは、通路の先にあるエレベーターに乗って5階へ上がります。このフロアでは、思わずやってみたくなる楽しい展示やワークショップ、科学や文化を遊びながら学べることができます。

4種類のポンプで水を送って遊ぶ「じゃぶじゃぶポンプ」や人が入れるシャボン玉などに息子は大興奮。じゃぶじゃぶポンプのそばには昆虫や魚を展示している自然コーナーがあったけれど、息子はそこのコーナーには見向きもしませんでした(笑)

車いすで駅の改札口を通り、電車に乗る体験ができる社会コーナーもあります。このバリアタウンでは、視覚障がい者のための身の回りのバリアフリーについて遊びながら学べます。例えば、シャンプーボトルのギザギザや牛乳パックのくぼみなど様々なバリアフリーがありますよね。

4F:あそぼう階

4階では、チューブスライダーやつり橋や迷路のような道で作られた建物「こどもの街」、簡単な職業体験をして楽しめるフロアになっています。

「キッズストリート」では警察官、郵便屋、屋台の食べ物屋さんごっこを体験、「キッズマート」では買い物体験をすることもできます。息子の反応が一番良かったのは郵便屋さん体験。5回以上は体験していて、『大きくなったら郵便屋さんになりたい』と言うほどでした。

またこの階には、乳幼児のためのプレイルームや飲食可能な休憩スペース、コインロッカーなどがありました。お昼時間になると、持参した弁当を食べる家族で休憩スペースはいっぱいでした。

3F:つくろう階

3階はデジタルデバイスを使った近未来的な遊びを体験したり、モノづくりを体験することができます。

個人的には結構興味をそそられるフロアでしたが、小学1年生の息子にとっては難しかったのか、このフロアではあまり遊ぶことはありませんでした。

キッズプラザ大阪は再入場が可能な施設となっており、このフロアが出口及び再入場口となっています。

キッズプラザ大阪の利用料金

  • 大人 1400円
  • 小中学生 800円
  • 幼児(3歳以上) 500円

キッズプラザ大阪の利用料金はこのようになっていますが、ネットで「キッズプラザ大阪 クーポン」と検索すると、割引クーポンを見つけることもできると思います。僕はこのクーポンのおかげで、親子2人で2200円のところを1980円(220円割引)で利用することができました。

まとめ

キッズプラザ大阪は、大阪梅田の近くにありながら子どもをたっぷり遊ばすことのできる施設です。完全屋内なので夏の暑い日や天気の悪い日でも問題なく遊べるスポットですので、梅雨時や夏場のお出かけにはオススメです。

キッズプラザ大阪
住所:大阪府大阪市北区扇町2-1-7
営業時間:9:30〜17:00
休館日:第2・第3月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月2日)
TEL:06-6311-6601
Web:http://www.kidsplaza.or.jp/index.php