雑記

映画「人生フルーツ」。長く生きるほど、人生は美しくなる。

「人生フルーツ」という映画を観ました。

どういった映画なのか、なんの事前知識もなく鑑賞。

映画のチラシを見ると、老夫婦2人の姿。そして、「人生フルーツ」というタイトル。

果物が好きな老夫婦の話なのかなと想像する。

しかしその内容は、愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一角の平屋に住む、津端修一さんと秀子さん夫婦のドキュメンタリー映画。

二人の住む家には、雑木林に囲まれたキッチンガーデンがあり、そこでは70種類の野菜と、50種類の果物が育てられている。そんなたくさん種類の野菜と果実を、90歳の修一さんと87歳の秀子さん2人で育てている。

収穫した果実でジャムを作ったり、庭の一角では自家製ベーコンを3日仕込で作ることもする。年齢を感じさせないとても元気な2人。

「スローライフ」という言葉が当てはまるような2人の生活。

風が吹けば、枯れ葉が落ちる。

枯れ葉が落ちれば、土が肥える。

土が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ。

樹木希林さんのナレーションで、作品中に何度も繰り返し登場するこのフレーズ。

終盤には自分も声に出して言いたくなるほど、静かに心の中に刻み込まれる印象的なフレーズ。

自分のこれからの生き方を考えさせられる、出会えたことに感謝な映画でした。

私のつたない文章ではこの映画の良さを伝えきれないけど、ぜひ観てほしい映画です。

ヒージャ

あまりにも素敵すぎて、はじめて映画のパンフレットを買いました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で