子育て

幼稚園の日曜参観に行ってきました!

先日、幼稚園の日曜参観がありました。幼稚園の1日の流れは、園からのお便りで知っていたものの、実際に自分の目で見るととてもいい経験になりますね。

初めての日曜参観に参加した感想を書きたいと思います。

スタートからいきなりつまずく(笑)

幼稚園に入る前、療育に行っていた時の親子通園日はマイナス思考のモジモジくんだった息子くんですが、意外と幼稚園ではなんでも出来ているようなことを家庭訪問時に先生から聞かされていました。でも療育の時と同じように、親がいるとモジモジくんになるんじゃないかと思っていたんですよね。

登園すると教室に入ったとたんにテンションが下がり、やっぱり固まってしまいました。「もう、帰りたい…」とかネガティブ発言も出ちゃうし(笑)

加配の先生のフォローもあって、なんとか気持ちを切り替えて朝の会を迎えることができたんですが、親が見てるとどうしてこうなっちゃうんですかねー。

少しずつだけど確実に成長している

帰りの会では、先生が「発表したい人いますか?」と聞き、発表したい人は挙手して自分の好きなことを発表するというものでした。

注目されるようなことは無理な子だと思っていたのに、先生が発表したい人いますか?というと勢いよく楽しそうに手を挙げる息子。その姿に驚き!

何人か発表した後、先生が最後に息子を当ててくれました(多分、意図的に最後に当ててくれた)。当てられると、さっきまでの勢いは何だったんだというぐらいのトーンダウン。

これまでだと何も喋れないまま終わっていたんだけど、ちゃんと起立してものすごく小さな声で発表ができていました。みんなには届かないぐらいの小声だったので、先生が隣で聞いて復唱してくれました。ありがたい!

たった数分の出来事だったけど、その様子を見てて夫婦ともに目がウルウル(笑)。この気持ちはうまく伝わらないとは思うけど、息子にとってはすごい成長なんですよね。

あとがき

帰宅後、その日の出来事について嫁が褒めたら「お母さんに見せることができて良かったよ」って、得意げに話していました。よく言うな〜とツッコミを入れたくなりました(笑)