Goods

TaoTronicsのBluetoothスピーカー「TT-SK09」がとてもコスパが良い

買ってよかったものというか正確にいうともらい物ですが、TaoTronicsのBluetoothスピーカー「TT-SK09」を手に入れたので紹介します。

スピーカーが入っている箱。

内容物は、Micro-USB充電ケーブル、取扱説明書、3.5mm外部入力オーディオ接続コード。シンプルです。

本体です。とてもシンプルな外観になっています。側面に電源ボタンがあります。

上部には音楽再生/一時停止と音量調整のボタンがあるのみです。ちなみに音量−ボタン長押しで曲戻し、音量+ボタン長押しで曲送りができます。

メーカー情報によると、サイズは縦6.2cm×横16cm×2.8cm、重さは234gとなっています。

これまで、自宅で音楽を聴くときはAnkerのBluetoothスピーカー「ポケットサイズポータブルスピーカー」を活用していました。非常にコンパクトながら、iPhone単体で音を鳴らすよりは良いので特に不満なく使っていました。

しかし、前述のAnker製スピーカーは3W出力のモノラルスピーカーなのに対し、今回の「TT-SK09」は6W出力のステレオスピーカーとなっていて音の質が格段に上がりました。

BOSEのような高級スピーカーと聴き比べたことがないので分かりませんが、約3,000円でこれだけの音を出してくれるなら大満足です。Bluetoothスピーカーを試したことのない人にとっては手を出しやすいと思いますのでオススメですよ。