ブログ運営

Googleアドセンス審査に17回落ちた私が試した審査に通る方法3つ

2012年から開設した本ブログ。開設から約1年経った頃、「どうせブログをやるなら少しでも収益があるといいなー」と軽い気持ちでGoogleアドセンス審査にチャレンジしました。

当時はアドセンス審査に対しての知識もまったくなかったので、もちろん審査に受かるはずもありません。

その後、何回かチャレンジしては落ち続け、最終的には17回落ちたのちに審査に合格することが出来ました。

気を入れ直してアドセンス申請に取り組もうと思い、1年ぶりに申請をしたらそのまま通ってしまって驚きました。

私がGoogleアドセンス審査を合格するまでの経緯と行った対策を紹介しますので、現在アドセンス審査になかなか合格することができないという方の少しでも役に立てたらと思います。

Googleアドセンス審査の経緯

2014年に初めてGoogleアドセンス審査にチャレンジして不合格。理由は『不十分なコンテンツ』でした。

1年後の2015年に2回目のチャレンジして不合格、2017年の3回目でも不合格。どちらも理由は『不十分なコンテンツ』でした。

当時をふり返ると、記事の本数はある程度あったと思うので、『不十分なコンテンツ』というのは、記事ごとの文字数が少ない(記事の質が悪い)のが問題だったかと思います。

2018年に入ってからの不合格理由は、ずっと『Googleのポリシーに準拠していないサイト』でした。

この時期は審査に落ち続けていて、何がなんだか分からず迷走していました。このときの問題点は多々あると思いますが、オリジナリティがなく価値が低いサイトだったかと考えています。

Googleアドセンス審査基準は不明

Googleアドセンスに関しては審査の基準がはっきりしていません。

ネットの情報を見ていても「こうしたら受かる」というよりは「この点に気をつけると受かるかも」という形での情報が書かれていることが多いと思います。

このはっきりとしていない審査基準が多くの人を悩ます原因のひとつだと思います。また、この審査基準は確立されたものではなく、流動的なものではないかとも言われています。

合格に向けての対策

Googleアドセンスの合格に向けて試行錯誤しましたが、最終的に合格直前に私が行ったことを紹介します。

内容の薄い記事数を減らした

2012年にブログを開設して書き続けた記事は、500記事を超えていました。しかし、内容は日記のようなものばかりの中身のない記事が量産されているだけでした。

芸能人でもないただの一般人の日記ブログにお客が集まるわけがありません。

Googleとしては、それなりに価値のある(多くの訪問者数が見込まれる)ブログに広告を出したいと思うのは当然です。

ブログ全体の質を上げるため、内容が薄いと思われる記事はすべて非公開にし、アドセンス審査に向けてブログの記事数を絞りました。

この時はこれまで書いていた記事の約9割以上の記事を非公開にして、「これなら大丈夫だろう」という約20記事で審査に臨みました。

審査用コードの再確認

Googleアドセンスの審査を受ける際には、審査用コードをブログの<head>〜</head>タグ内に貼り付ける必要があります。

新規の申請ではなく落ち続けての継続審査だったので、審査コードの部分の確認はしていませんでした。

しかし、合格したときの審査時には、あらためて審査用コードを<head>〜</head>タグ内に貼りなおしました。

審査用コードの記入ミスの可能性もゼロではないと思うので、あらためて確認してみてもいいと思います。

オンラインサロンに入会した

これはアドセンス合格とは直接関係ないかもしれませんが、私の場合はタイミング的にそうだったので書かせてもらいます。

アドセンスに落ち続けていてどうしたらいいのか分からなくなっていたとき、「とりあえず、収益化のことを忘れてブログを楽しもう!」と、ブログのオンラインサロンに入会しました。

それまで一人でブログと向き合っていましたが、サロンでブログの先輩方や仲間と交流することでブログをやることの楽しさを感じることができました。

ブログをやることを楽しんだ結果、オリジナリティのある記事を書くことができ、ブログ全体の質を上げることができたのではと思います。

ちなみに私が入会したオンラインサロンは、ブロガー・ヨスさんの「ヨッセンスクール ブログ科」です。

おわりに

『不十分なコンテンツ』で審査を不合格になったのは当然だったと思っていますが、『Googleのポリシーに準拠していないサイト』は何が原因なのか分からずに本当に困りました。

合格に向けてのポイントとしては、「記事数を絞ってオリジナリティのある記事を書く」というのも一つの手だと思います。

今回、私が書いた情報が必ずしも正解ではないかもしれませんが、アドセンスに合格できずに困っている方への情報として少しでも参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で