雑記

心が優しくなる映画「グリーンブック」の感想。認め合うことが差別を無くす。

2018年上映の映画「グリーンブック」を見ました。本作品は、第91回アカデミー賞作品賞を受賞しています。

出典:Green Book | Universal Pictures

だいぶ前に、「この映画はいい映画だよ」と、聞かされていたのを思い出し、事前知識を入れないで鑑賞しました。

色々と考えさせられた映画でしたので、感想をシェアします。

あらすじ

1962年、ニューヨークのナイトクラブ・コパカバーナで用心棒をしていたイタリア系アメリカ人のトニー・リップ。

ナイトクラブが閉店になり、職を失ったトニーは、友人に仕事を紹介してもらいます。

仕事の面接に行くと、そこに現れたたのは黒人ピアニストのドン・シャーリー。

仕事内容は、コンサートツアーのマネージャー業を兼ねた運転手。そのツアーの行き先は、黒人差別の文化が激しいアメリカ南部。

ツアー先でトラブルに巻き込まれた際、ナイトクラブでの用心棒の経験があるトニーが自分にとって大きな助けになると、シャーリーは考えたのだと思います。

ツアーに出発する日、トニーはレコード会社から一冊のガイドブックを渡されます。

それは、黒人がアメリカ南部を安全に旅行できるためのガイドブック「グリーンブック」。グリーンブックを手に、トニーとシャーリーは、アメリカ南部への旅に出ます。

感想

黒人が家に入ってくることを毛嫌いし、黒人のことを「黒ナス」と揶揄するような環境に身を置いていたトニーは、旅がはじまった当初はシャーリーと言い争いになることもしばしば。

しかし、シャーリーの演奏をはじめて聴いて、その才能を認めたトニーは少しずつシャーリーを理解していこうとします。旅中での様々な経験を共有して少しずつ友情が芽生えてくる様子を見ていると、「皆がこういう行動をできれば差別なんて無くなるのになぁ」としみじみ感じました。

この作品は、1962年のアメリカを舞台とした実話です。作品の中で描かれている黒人差別は、約60年経った今でも無くなることなく残っています。

ヒージャ

簡単なようですぐに解決できないというのが、差別問題の複雑さなんでしょうね。

「黒人」というだけで、自分たち(白人)より劣っているというレッテルを貼って、その人たちを認めようとしない姿勢こそが差別につながっているのではないでしょうか。

話が少し逸れるかもしれませんが、私は子どもの頃からバスケットが好きでNBAを見て育ちました。

私の世代ではマイケル・ジョーダンは「黒人」のスーパースターでした。ジョーダンに限らず、NBAで活躍する黒人選手がたくさんいました。

そういうこともあり、単純にその才能に惚れ惚れして見ていましたが、黒人を差別するような人たちはどういう感じで観ていたんでしょうか。

私がNBAを見ていたのは1990年から2000年代と、本作の1962年とはだいぶ年代が違いますが、作品中でNBAのボストン・セルティックスのことに少しふれるシーンがあったので、思わず「おっ」と食いついてしまいました。

黒人・白人の差別問題に限らず、他者を理解しない・しようとしない姿勢が様々な差別問題に繋がっているのだろうなと考えさせられた作品でした。

心に響いたフレーズ

映画「グリーンブック」で、私が心に響いたフレーズは作品の後半でシャーリーがトニーにぶつけたフレーズ。

黒人でも白人でもなく、男でもない私は何なんだ?

演奏会では素晴らしいピアノ演奏家として扱われるが、ステージが終わると「黒人」として白人社会の差別を受けるシャーリー。

黒人でありながら他の黒人とは違う環境で育っているため、黒人の輪の中に溶け込めない。かといって白人でもない。

一見すると優雅な生活をしているようなドン・シャーリーですが、自分自身のアイデンティティに苦しむ胸の内を吐き出すシーンでは思わず泣けてしまいました。

おわりに

映画「グリーンブック」は黒人差別だけでなく、あらゆる「差別」について考えさせられる作品だと思いました。

この作品に描かれるようなあからさまな差別をする人は、このブログを読んでいる人にはいないと願います。しかし、無意識に差別的な行動をしていることはないかと、自分自身を振り返るきっかけになりました。

私自身、観て良かったと思えた映画でしたが、その内容には賛否両論あるようです。詳細については、こちらでは割愛させていただきます。

賛否両論あるとは言え、何かしらの気づきを与えてくれる映画だと思いますので、ぜひ多くの人に観てもらいたいです。

映画「グリーンブック」公式サイト

本作とは関係のない動画ではありますが、「グリーンブック」を観ているとこの動画を思い出しました。約4分の動画なのでご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で