読書

『おーい、中村くん 〜ひきこもりのボランティア体験記〜』

おーい、中村くんひきこもりボランティア体験

『おーい、中村くん 〜ひきこもりのボランティア体験記〜』は、長年ひきこもりだった中村秀治(なかむらしゅうじ)さんの東日本大震災後の被災地ボランティアの経験を綴った作品です。

本書は、2018年9月の第21回日本自費出版文化賞の特別賞にも選ばれています。

著者の中村秀治さんについて紹介

中村さんは小学5年生のころから「学校を休みたい」と両親に訴えるようになり、6年生になると学校に行けなくなりました。

中学校入学後の最初の一週間は学校に通いますが、そのあとはまた学校に行くことができなくなります。

夜間の定時制高校を卒業後に就職をしますが、約10ヶ月ほどでまたひきこもり生活に戻ってしまいます。

就職もしますがそこでもうまくいかずに、ひきこもり生活が25歳まで続いてしまいます。

ひきこもり生活からの転機

25歳までずっと引きこもりの生活でしたが、2011年3月の東日本大震災の被災地の状況をテレビで見て、ふと「ボランティアに行きたい」と思います。

このボランティアに行きたいという思いをきっかけに、長年続いていた中村くんのひきこもりが終わることになります。

被災地での活動期間を『未定』としてスタートしたボランティア活動ですが、9月から11月までの約3ヶ月間も活動することになります。

「釘宮さん」とのエピソード

本書には中村くんが経験した多くのエピソードが綴られていますが、僕が感動したのは塩釜ボランティアセンターで出会った釘宮さんとのエピソードです。

釘宮さんに自身のひきこもりのことを告げるシーンがありますが、釘宮さんに話すことができたのは、釘宮さんの人柄なんだろうなというのがすごく伝わる場面でした。

ボランティア同士のコミュニケーションはなんとか取れるようになってきた中村くんですが、被災者とのコミュニケーションを取ることがなかなかできない。

そんな中、釘宮さんは中村くんに「被災者に米を渡す」役割を作ります。釘宮さんと一緒に戸別訪問をし、釘宮さんが被災者へ説明をしたあとに中村くんが被災者に米を渡すというものです。

米を渡すだけなら喋らなくてもできるし、被災者との関わりも持つことができる。中村くんへの無理のない役割を作ってあげるのはすごくうまいなと感じました。

人って役割を与えられることによって、存在意義を見いだせるのだと思います。

その後、はじめて1人で訪問活動に行った中村くんは被災者とトラブルを起こしてしまいます。

ボランティア活動をするにはコミュニケーションスキルが必要で、ひきこもり生活をしていてコミュニケーションが上手く取れない人はボランティア活動をしてはいけないと、中村くんは自分を責めてしまいます。

そこで釘宮さんが、中村くんに話した内容が素晴らしかったのでを本書から引用します。

「自分が悪いだなんて思っちゃダメだよ。その怒った被災者にも理由があるんだよ。今、被災者は家族や家を失っていている方も多くいて、そして半年以上も大変な生活をしているの。だからその怒った人は、今だけは心の余裕が無いんだよ。あなたが悪いわけじゃない」

怒るのはその人の問題ではなく、あくまでも「心の余裕が無いだけ」。中村くんをフォローしながらも、被災者の方も悪者扱いしない釘宮さんの配慮に感動でした。

会いに来てくれるだけでいい

被災地でのボランティア活動としてイメージするのは、片付けなどの肉体労働や義援物資を届けることが多いと思います。

中村くんが1人で訪問活動をしたときに出会ったおばあさんは、服などの支援はもういらないと言い、「会いに来てくれるだけで良い。あなたで良いんです。」と中村くんに話します。

体を動かすのではなく、会って話を聞くのも立派なボランティアですよね。人ってお金やモノではなく、最終的には人との繋がりを必要とするんですね。

おわりに

僕は東北地方には行ったことがないのですが、いつか被災地を実際に訪れてみたいと思っています。本書を読んで、被災地に行ってみたいという気持ちがさらに強くなりました。

ひきこもり当事者の方が書いた作品を読むのは初めてだったのですごく新鮮でした。仕事上、ひきこもりの方を支援することもあるので、多くの気付きをもたらせてくれた作品でした。

本書は自費出版という形なのであまり流通はしていないかと思いますが、機会があればぜひ読んでいただきたい作品です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で