Run

マラソン記録の更新にはやっぱりインターバル走をするしかない!

3a9ad58c1ab98b935268130939cd9a60_s

ダイエット目的で始めたランニング。今では、多くのマラソン大会に参加し完全に趣味の一つになっている。ランニング歴は約5年あるというのに、その割には自慢できるほどの走力もない。

走っているからにはサブ4を達成したい!そのためには「楽しく走るだけではなく、自分を追い込むきついトレーニングをしないといけません」

自分への備忘録も兼ねて、そのトレーニングの一例を紹介したいと思います。

自分を追い込むトレーニング

  1. ウインドスプリント 30秒疾走×5本
  2. 疾走時間を45秒、1分と伸ばしていく
  3. インターバル走に挑戦 400m×5本

ウインドスプリント30秒疾走×5本

ウインドスプリント(WS)とは全力の70%〜80%の力で走ること。そのWSで30秒走り、1分間のジョグでつなぎます。これを5本繰り返します。

疾走実感を45秒、1分と伸ばしていく

少し余裕が出てきたら、疾走時間を徐々に伸ばしていきます。

WSを週に1度、可能であれば3日に1度。1カ月続けるとスピード力がついてくるので、それからインターバル走に挑戦。

インターバル走に挑戦 400m×5本

400mを全力走より15秒ほど落としたスピードで走り、90秒のジョグでつなぎます。ジョグの部分では歩かず、あくまでもジョグ。

5本こなせるようになってきたら本数を増やしていきます。最大10本までこなせるようになってきたら、次は速度を上げて挑戦。

インターバル走の注意点

インターバル走は普段のランニングに比べて強度の高いトレーニングです。十分に身体を温めてから挑むことや、無理しないことが大事です。

分かっていながらも自分自身が繰り返している失敗として、少し体調を崩すことや脚を痛めたことがあるので、故障には十分気をつけて取り組んでもらえたらと思います。