子育て

子どもが「学校に行きたくない」と言ったときに親はどう対応したほうがいいのか

夏休みなどの長期休みのあとは学校に行きたくなくなる子どもが増えるようです。

行きたくなくなる理由というのは、子ども成長レベルや周りの環境などが関係してくるので一概に決めれるものではありません。

では実際、子どもが「学校に行きたくない」と言った場合はどのように親は対応したらいいのでしょうか。

子どもの気持ちを受け止める

我が家の小学2年生の息子ですが、夏休みが終わる前日に「学校に行きたくない」と言い出しました。

「行きたくない」と言ってはいたものの、夏休み明け初日はどうにか学校に行かすことができました。しかし、次の日は不安な気持ちが大爆発して「絶対に行きたくない!」と泣き叫ぶ始末。

親としては「そんなわがまま言わずに学校に行きなさい!」と言いたくなりますよね。でもそう言いたくなる気持ちはおさえて、「そっか、じゃあどうしたいの」と一度子どもの気持ちを受け止めます。

うちの子にどうしたいのか確認すると、気持ちは変わらず「今日は行きたくない」と返してくれました。その意志を確認して、この日は学校を休ますことにしました。

今後の不安より目の前の出来事を優先

学校を休むという行為が続いたらどうしようという不安はもちろんありますが、それよりも今目の前でSOSを出している子どもの気持ちを受け止めることが優先だと判断しました。

大人だって「仕事に行きたくないな」と思うときありますよね。それでも無理し続けると、メンタルがやられてしまう。子どもだって同じではないでしょうか。

まとめ

大人が思っている以上に子どもにとって、学校に行くというのはとても頑張っている行為かもしれません。子どもが「学校に行きたくない」と言いだしたら否定したり、無理やり行かそうとせずに、まずはその不安な気持ちを受け止めてあげるのがいいかと思います。