読書

2020年に読んで印象に残った本3冊

他ブログでやっているのを見かけて、便乗して「2020年に読んで印象に残った本」を挙げてみたいと思います。

いくつか本は読みましたが、アウトプットを前提としていない娯楽的な読書が多かったので、2020年後半に読んだものがほとんどです。

読んでいたときの私の感情に関連したものも含んでいるため、本の内容の良し悪しだけでなく、「印象に残った本」という見出しにさせていただきました。

本のジャンルもバラバラなので順位付けはせずに、とりあえず3冊紹介させていただきます。

2020年に読んで印象に残った本3冊

読まれる・稼げる・ブログ術大全

ブロガーのヨスさんの著書です。

これまでいくつかのブログに関する本を読んだことはありますが、本書はとても見やすく分かりやすいブログ本となっています。

無料特典のPDFがお得です!

初心者だけでなく経験者にもオススメできるブログ本『ブログ術大全』数年、ブログを続けてきてこれまでブログに関する本はいくつも読んできました。 そんな中、「読んでよかった!」と率直に感じたブログ本に...

デジタル・ミニマリスト

TwitterFacebookなどのSNSとのつきあい方を考えさせられた本です。

本書を読んだことで、SNS関アプリの通知は全てオフ、アプリをなんとなく開くこともなくなりました。

SNSにだらだらと時間をかけている人は、ぜひ一読をおすすめします。

死神の浮力

伊坂幸太郎さん作品の「死神」シリーズの長編版。過去に読んだことがあり、2020年に再読しました。

対象者の前に死神が現れて、1週間をともに過ごし、最終的に死を与えるべきか否かを判定するという、「死」を意識させられる物語になっています。

実はこの作品を読み終えた直後に、「死」について考えさせられるできごとが数件ありました。そういうこともあって、この作品が印象に残った本となりました。

本書の関連作品に「死神の精度」という短編集もあります。

https://hiija.net/book_shinigaminoseido/

以上で、「2020年に読んで印象に残った本3冊」の紹介を終わります。
2021年にはどんな本に出会うことができるのか楽しみです!